オランダ型ワークシェアリング

【おらんだがたわーくしぇありんぐ】

ワークシェアリングとは、ひとつの仕事を複数の労働者でシェアすることで雇用機会を増やし失業率の改善や労働時間の短縮を実現させる手法を指します。特にオランダはワークライフ・バランスが国民に浸透しているといえます。
この仕組みを支えるポイントの1つめが「均等待遇」で、フルタイム労働者とパートタイム労働者の賃金や福利厚生、社会保障などに差を付けてはいけない法令が整備されている点。2つめは「フレキシキュリティ(フレキシビリティ(柔軟性)とセキュリティ(安定性)を合わせた造語)」で、一定期間就業した派遣労働者は正社員として雇用契約を結ぶ権利の保障や、従業員が雇用主に労働時間数の増減を要請できる法令の存在です。その結果、「年間平均労働時間の最も短い国」、「子供の幸福度世界一」などに選ばれています。

用語集一覧に戻る

あ行の用語

用語集一覧に戻る

資料請求やご見学など、
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-934-505

資料請求・見学予約・契約希望

営業時間:10:00〜18:00 定休日:土日祝日

従量課金制の法人向けサテライトオフィス