WEP/WPA/WPA2

【うぇっぷ/だぶりゅぴーえい/だぶりゅぴーえいつー】

Wi-Fi通信における暗号化規格の主な3種類として、WEP、WPA、WPA2があります。
WEP(Wired Equivalent Privacy)は無線LANの登場当初からある暗号化規格で、脆弱性が発見されており比較的容易に解読されてしまいセキュリティレベルは一番低いランクです。
WPA(Wi-Fi Protected Access)はWEPの改良版として開発されましたが、セキュリティはWEPよりは良いものの決して安全とはいえません。
現在最新かつ主流なのは、WPAを改良したWPA2で現時点では解読された例はまだなく、セキュリティは強固であるといえます。さらに、WEP、WPAは通信速度に制限があるのに対してWPA2には速度制限がないのも長所です。

用語集一覧に戻る

あ行の用語

用語集一覧に戻る

資料請求やご見学など、
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-934-505

資料請求・見学予約・契約希望

営業時間:10:00〜18:00 定休日:土日祝日

従量課金制の法人向けサテライトオフィス